アースウォッチ・会員特別企画
「浦辺先生と行く:文京区小石川」を開催


アースウォッチ・会員特別企画 「浦辺先生と行く:文京区小石川」を開催します。

武蔵野台地の東のへりに位置する文京区は、中小河川が刻んだ谷によって地形的に区切られ、山の手と下町が複雑に入り組んだ場所です。台地の上には御殿が作られ、低地には庶民の暮らしがあり、その間を多くの坂道が結んでいました。その様子が典型的に見られるのが小石川地区です。古代、中世、近代、そして現代という時の流れの中で、小石川(別名、千川)が辿った変遷を歩きながらふり返ることによって、私たちが目の前に見ている都会の姿が、いつ頃形成され、その前はどのようであったかの「想像」を楽しみましょう。

講師 アースウォッチ・ジャパン 理事長 浦辺 徹郎
開催日時 2020年5月23日(土)10:00~15:30(小雨決行)
プログラム 10:00 集合 茗荷谷駅(地下鉄丸ノ内線)出口1 春日通り沿いピロティ(地表)
散策開始 湯立坂、占春園を経由して、簸川神社、東京大学総合研究博物館 小石川分館など
ランチ (場所は後日決定し、参加者にお知らせします)
散策続き 吹上坂、慈照院(辰己屋惣兵衛の墓)、傳通院、澤蔵司稲荷「お穴」など
15:30 解散(文京シビックセンター展望台)
募集 12名(定員を超える応募の場合は抽選とします)
応募締切:3月26日
対象 アースウォッチ・ジャパン個人会員
入会申し込みはこちらをご覧ください。
参加費 無料
場所 東京都文京区
参考 文京区観光協会
東京大学総合研究博物館小石川分館
装備 歩きやすい格好でお越しください。主として下り坂ですが、一部上り坂があります。合計4kmほど歩きます。
お申込み 受付を終了しました。

アースウォッチ・ジャパン事務局 03-6686-0300
info@earthwatch.jp


 
  湯立坂:タモリが東京で一押しする坂です      小石川分館:重要文化財の和洋折衷建築

            
     東京大空襲を生き延びたムクノキ     霊窟「お穴」:澤蔵司稲荷にある怪しげな場所です

     
       案内人 浦辺徹郎 先生