参加申込


参加申込

アースウォッチの調査プログラムは全て現地集合・現地解散。厳しい大自然のなかで、身体、頭、心をブラッシュアップ して大いに楽しんでください。 調査プログラムがすばらしい体験となるよう、余裕を持って準備をすすめましょう。海外旅行が初めての方も、 事務局がていねいにアドバイス、指導を行いますので、わからないことがあればご遠慮なくお尋ねください。

海外調査プログラムは、海外でのアウトドア活動です。語学や生活、体力面についての大まかなイメージを持っていただくために、一度ボランティアによる体験報告会「アースウォッチ・ミニトーク」 に参加されることをお勧めします。

体力・語学・生活環境など不明な点、心配な点がある場合は、事務局にご相談ください。そのほか、「よくあるご質問」も参考にしてください。


海外調査プログラム参加手続き(提出書類と準備事項)

1 空き状況の確認 参加したい調査プログラムが決まったら、まず空き状況を確認します。
※参加できる調査プログラムは原則3カ月以上先の調査プログラムです。
調査プログラムリストはこちら>>>
確認方法(1) ホームページの  「空き状況確認フォーム」 を利用する
確認方法(2) 事務局にメールを送る   info@earthwatch.jp
確認方法(3) 事務局に電話する   電話:03-6686-0300
(調査プログラム名、チーム番号と日程、お名前、連絡先をお知らせください。)
2 仮予約の申込み 申し込む調査プログラムが決まったら、仮予約をお申込みください。
人気のある調査プログラムは順次埋まっていきますので、空き状況確認後、お早めに事務局までお手続きください。
※仮予約締め切りは調査プログラム開始より原則3カ月以上前です。
申込方法 「仮予約申込依頼」の旨事務局までメールをお送りください。その際、「パーソナルプロファイル」に必要事項を記入してメールに添付してください。パーソナルプロファイルのダウンロード>>>    info@earthwatch.jp
申込上の注意点
  • 調査プログラムによっては、予防接種や渡航手続きに3カ月以上必要な地域がありますので、十分余裕をもってお申し込みください。渡航手続きが簡単な地域の場合は、調査プログラム開始2カ月前まで受け付けます。
    「よくある質問」(3カ月前以降でも申込みできますか)
  • ボランティアを受け入れる判断材料の一つですので、なるべく詳しく記入してください。
  • 場合によって体力面などボランティアの安全を考え、調査プログラムの変更・見合わせをお願いすることがあります。
  • 20歳未満の参加者は、申込書、健康証明書、免責承諾書に父母または保護者の参加承諾署名が必要となりますことをご了承のうえ手続きを進めてください。
 
3 仮予約確認書・請求書の到着、予約金の振込み 予約が完了したら、「調査プログラム参加確認書」と「予約金請求書」が届きます。
調査プログラムの仮予約が確認されましたので、「予約金請求書」にしたがって、お振込みください。予約金ご入金後、正式申込となります。

  • 請求書発行日より10日以内
  • ご都合により期日までにお支払いできない場合はあらかじめご連絡下さい。期限を猶予いたします。
  • 予約金は、研究分担金の一部を前払い頂くものです。
    (調査プログラム開始まで2ヶ月未満の場合研究分担金全額になります)
  • 振込み期限までにご入金のない場合、予約取り消しとなりますのでご注意ください。
支払方法
銀行振込① 銀行名:三井住友銀行 本店営業部(店番号200、略名:本店)
口座番号:普通 8850443
口座名義:トクテイヒエイリカツドウホウジン
アースウォッチジャパン
銀行振込② 銀行名:三菱東京UFJ銀行 市ヶ谷支店(店番号014)
口座番号:普通 0045823
口座名義:トクテイヒエイリカツドウホウジン
アースウォッチジャパン
カード払い
クレジットカードがご利用いただけます
4 調査プログラム参加の準備 調査プログラム参加の準備を開始してください。(調査プログラムはすべて現地集合・現地解散ですので、渡航手続きは各自で行っていただきます。)
そのほかの準備項目
5 説明資料・差額請求書の到着 「説明資料」は調査開始の3ヶ月前後、「分担金差額請求書」は調査開始の2か月前頃までにお届けします。
現場で間違いが起きないようにするため、ブリーフィングを精読し、調査の概要を事前に理解しておいてください。
調査プログラム解説書(ブリーフィング)とは
「よくある質問」(ブリーフィングの読み方)
6 分担金残額の振り込み 「分担金差額請求書」にしたがって、お振込みください。
  • 請求書発行日より10日以内
お支払方法は予約金の振り込みと同じです。
7 パーソナルプロファイル(Personal Profile)の提出 研究者への自己紹介資料となります。
  • 提出期限:仮予約申し込み時に送付してください。
パーソナルプロファイルのダウンロード >>>
送付方法 FAX: 03-6686-0477
電子メール: info@earthwatch.jp
郵送: アースウォッチ事務局
記入上の注意点
  • すべて英語でご記入ください。
  • 研究者がボランティアを受け入れる判断材料の一つですので、なるべく詳しく 記入してください。
  • 申込書はアメリカ本部を経由して研究者に送られます。
  • 日付入力箇所(dd/mmm/yyyy)は、2015年8月1日の場合、01Aug2015 のように表記してください。
  • 20歳未満の参加者は、父母または保護者の署名を入れて提出してください。
8 「健康証明書(Health Form)」・「免責承諾書(Liability Release)」の提出
スキューバダイビングを行わない調査プログラムの場合
健康証明書 >>>
スキューバダイビングを行う調査プログラムの場合
スキューバダイビング用健康証明書 >>>
スキューバダイビング用医学的審査のガイドライン >>>
免責承諾書のダウンロード
免責承諾書のダウンロード >>>
未成年者免責承諾書のダウンロード >>>
「アースウォッチのルールおよびボランティアの権利と責任」(免責承諾書と一緒にお読みください)
  • 提出期限:調査プログラム開始2カ月前まで
送付方法
・FAX:03-6686-0477
・郵送:アースウォッチ事務局
記入上の注意点
「健康証明書 (Health Form)」
  • すべて英語でご記入ください。
  • 本証明書は日本の証明書と異なります。診察を受ける際は、医師にアースウォッチの活動を説明し、調査プログラムの作業内容をブリーフィングを見せて説明してください。内容のほとんどは問診(自己申告)になります。
    「よくある質問」(健康証明書)
  • 現在の体力状況"Current level of physhical activity"については、研究者のボランティア参加者情報の一つとなりますので、なるべく記入してください。駅までの徒歩往復20分、週5日のご記入でも構いません。
  • ブリーフィング(解説書)に記されている予防接種は医師と相談のうえ接種してください。また、主なRecommendedの予防接種も受けることをお勧めします。どの調査も「破傷風」は必ず受けてください。破傷風の予防接種は普通の総合病院や内科医院で受けられます。
  • 入国のビザ申請の際に黄熱病の予防接種証明が必要な国がありますので、旅行代理店、医師または保健所にご相談ください。
  • マラリア、デング熱等、蚊を媒介とする病気の予防対策は、蚊に刺されない対策(蚊帳をつる・虫除けスプレー・長袖長ズボン着用)が第一です。流行している地域に行くときは、予防薬の服用なども医師と相談してください。
  • 野外調査は厳しい自然条件下で行われるので、体力が要求されます。そのため健康証明書提出後に参加を断わられることもありますので、健康証明書は調査プログラム開始2カ月前までには必ず提出してください。提出が遅れたために参加が認められなかった場合でも、予約金と手数料は返金できませんので、ご注意ください。
  • スキューバダイビングを行う調査プログラムに参加する場合、健康証明書はスキューバダイビング用健康証明書を使用してください。総合病院または開業医から診察を受ける際、(できればダイビングに詳しい)医師にアースウォッチの活動を説明して診断を受けてください。その際、「スキューバダイビング用医学的審査のガイドライン」を見せ、健康証明書に所見を記入してもらってください。
「免責承諾書 (Liability Release)」
  • すべて英語でご記入ください。
  • 免責承諾書に記載された、アースウォッチの調査プログラムに参加する危険性、その危険に対するアースウォッチの考え方、写真の権利と利用について、をよく理解したうえで免責を承諾する署名をしてください。
    「免責承諾書」本文にある「アースウォッチのルールおよびボランティアの権利と責任」の文書はこちらです。
  • アースウォッチの野外調査は、観光ツアーではありません。現地での傷害、けが、紛失や盗難などに関するトラブルは全て自己の責任であり、それらにかかる一切の費用は自己負担となります。参加者は研究者またはその助手の指示にしたがって慎重に行動すると同時に自己管理には充分注意してください。
    保険について
  • 20歳未満の参加者は、「未成年用免責承諾書(Liability Release for under20)」に、ご自身と父母または保護者の署名を入れて提出してください。
9 「ウォータースキル」の提出
(水面や水際、水中で行う調査プログラムで必要)
ウォータースキルのダウンロード
フォーム1 水際の調査 >>>
フォーム2 シュノーケリングの場合 >>>
フォーム3 ダイビングの場合 >>>
  • 提出期限:調査プログラム開始2カ月前まで
送付方法
・FAX:03-6686-0477
・電子メール: info@earthwatch.jp
・郵送:アースウォッチ事務局
記入上の注意点
「ウォータースキル (水関係への適応質問票)」
  • すべて英語でご記入ください。
  • 参加する調査プログラムが海洋や河川など水のある場所で行われる場合は、フォーム 水際の調査 を、シュノーケリングが含まれる場合はフォーム シュノーケリングの場合 を、ダイビングが含まれる場合は、フォーム ダイビングの場合 を提出してください。
  • ダイビングを行う調査プログラムでは、ダイビング保険への加入が義務付けられています。保険に加入したことを証明する書類を添付してください。
10 「旅程表(Travel Details)」の提出 旅程表のダウンロード >>>
  • 提出期限:日本出国1カ月前まで
送付方法
・FAX:03-6686-0477
・電子メール: info@earthwatch.jp
・郵送:アースウォッチ事務局
記入上の注意点
「旅程表 (Travel Details)」
  • すべて英語でご記入ください。
  • ブリーフィングに記されている集合場所までの旅程を記入してください。
  • 緊急連絡の場合に備え、集合日前日の宿泊場所の連絡先もしくは、持参する携帯電話の番号を必ず記入してください。
  • 調査プログラム参加前後に旅行をされる方は、その旨を備考(Notes)欄に記入してください。

その他の準備項目

予防接種 参加調査プログラムの解説書(ブリーフィング)の指示に基づいて、医師との相談のうえ接種してください。予防接種には期間をあけて数回の接種が必要な場合がありますので、早めにブリーフィングで確認してください。健康証明書にサインをもらう際に、合わせて医師または検疫所に相談することをお勧めします。
現地への旅行手配 調査プログラムには、それぞれ集合場所(Rendezvous point)があり、調査スタッフとそこで待ち合わせをします。集合場所については、ブリーフィングのRendezvousという箇所に記載されています。この部分を注意深く読み、全ての旅行手配を行ってください。地域によっては、ビザ、各種予防接種など、また、調査地によっては、日本では予約の出来ない国内線や、長距離バスなどの手配が必要になりますので、ブリーフィングの指示に従ってください。
「よくある質問」(集合できるでしょうか?)
海外旅行傷害保険への加入 アースウォッチの野外調査は、科学的な調査活動であり、観光を目的とするツアーではありません。現地での怪我やトラブルなどに対する責任は、一切参加者の負担となりますのでご注意ください。
アースウォッチが手配する保険について
説明資料の精読 事前に参加者へお送りする調査プログラム解説書(ブリーフィング)の事前の精読が調査プログラム参加者に義務付けられています。(詳細は調査プログラム解説書(ブリーフィング)また、調査を有意義で楽しいものにするためにも、とても大切です。
「よくある質問」(ブリーフィングの読み方)
必要な持ち物の準備 調査プログラム解説書(ブリーフィング)にそれぞれの調査で必要な持ち物について詳細なリスト、アドバイスが掲載されています。各自必要なものを準備してください。
「よくある質問」(所持金について)

いよいよ調査開始!

開始1,2か月前頃、同じ調査プログラムに参加するボランティアリストをお送りします。
参加前にメール等で連絡をとってみるといいですよ。 そして、いよいよ調査開始です。