3129

Wildlife & Ecosystems

ドイツライン川流域のビーバー

ドイツのライン川下流域でビーバーはどのように暮らしていて、どうしたら今後も地域住民との対立から彼等を遠ざけておけるのでしょう?


The facts

調査の重要性

Why the research is important

One beaver benefit: their presence is associated with a wider array of plants and animals in river habitats.

この下流域で爆発的に個体数を増やすことがビーバー自身を危機に陥れる可能性があります。

ライン川下流域に多くのビーバーが確認されるのは生存競争における成功物語と言えるでしょう。この地域からその姿をほとんど見かけなくなって数百年の後、ビーバーは自分達の家を作り直しています。しかし、ビーバーは自らの繁栄の犠牲になる可能性があります。個体数が増え、生息域が拡大するにつれ、彼等は農場主やアウトドア愛好者にとって目の敵になる運命なのです。研究者たちはビーバーの個体数状況を把握しようとしています。正確なデータを得られれば、避けることのできない人間とビーバーの争いに対し確固とした管理対策を実施することができます。

ボランティアは研究者たちが多くの目標を達成するのに手を貸します。研究者はクレベス地方のビーバーの個体数と生息地の広さ、そしてビーバーが何を食べ、どこに運河や巣穴を掘るのかなど、周囲の自然環境とどのように関わっているのか知りたいと思っています。本調査の研究者はビーバーが地域住民にどのような被害を与えるのかということも調べています。

研究者は地元住民にビーバーの被害を確認しているかどうかを尋ね、実際にビーバーがどれほどの穀物をかじり、堤防に被害を与えているのかを客観的に把握しようとしています。このような情報は人間とビーバー双方に対する管理計画の立案に役立ちます。

調査地

Emmerich, Germany, Europe & Russia

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

William
Megill
Rhine Waal University of Applied Sciences

ABOUT William Megill

なぜビーバーを?「生態系の職人としてのビーバーの役割を考えると、彼等のために考案された管理計画にはもっと広範囲な生物も含まれることになります。たとえば、ビーバーがいる小川に沿って20mの細長い土地を設置すれば、その土地の生物多様性に大きなプラスになります。このような界面積は多くの他の生物種にも非常に重要ですから。同様の緩衝地帯の設置と維持はビーバーが地域の農業に与える被害を減らすことにもなります」。

READ MORE +

宿泊施設と食事

Accommodations and Food