3159

Wildlife & Ecosystems

トリニダードのオセロットのモニタリング

トリニダードのオセロットは密猟と生息地の断片化によって多くの脅威に直面しています。彼らのより良い保護を目指す調査をしている研究者に手を貸してください。


The facts

調査の重要性

Why the research is important

This is the first major study of ocelots on the island of Trinidad. The results will be used to support its long-term conservation.

研究者はトリニダードのオセロットに対する脅威の評価作業をすることによって、地元の地域社会と協力してオセロットを守ることができます。

Tracking ocelots in trinidad

Camera traps are used to collect critical information on ocelot presence.

トリニダードにおける農業および石油と天然ガスの採掘の拡大は島の自然資源を圧迫しています。この圧力は島の象徴でもあり最強の捕食者である、オセロットの生息環境と将来の生存に影響してくるでしょう。島に生息するオセロットに関しては、カメラトラップで撮影された写真のような事例から個体数は比較的少ないと推測されますが、非常に限られた情報しかありません。オセロットは世界的に絶滅の危険があるとは考えられていませんが、トリニダードの状況は他とは違う独自の生態系という背景から全く違っていると言えるでしょう。

この調査は島で最大の陸棲野生動物の保護調査に数えられるようになると期待されています。研究者はトリニダードのオセロットの生息数と行動を調べるだけでなく、彼らが環境の健全さを示す指標動物になる可能性の評価も実施します。例えば、異なるタイプの土地利用はオセロットの生存にどのような影響を与えるのか?またオセロットの生息は、もっと広い森林地帯や背の高い植物、動物種の多様性、より高い生態系の生産能力などと関係しているのか?このような問題を調べます。そして、研究者はオセロットの糞のサンプルを集めて分析し、最終的には、島に生息するオセロットの食性を明らかにし、他の生息地との相違点を見つけることになるでしょう。

オセロットの個体同士の関係、森や他の生息環境の利用状況を明らかにして、健全な生態系の姿を見つけ出します。地元の地域社会や政策決定者と共に活動し、この重要な動物種の守ろうとする研究者に手を貸してください。

調査地

Multiple locations in Trinidad’s Forest and Agriculture Lands, Trinidad and Tobago, Central America & The Caribbean

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Anthony J.
Giordano
Founder and Executive Director, S.P.E.C.I.E.S.

ABOUT Anthony J. Giordano

アンソニー・J・ジョルダーノ博士はトリニダードでオセロットの生息数と生息状況を初めて調査する研究者の一員です。博士は、人々のオセロットに対する関心を高めて人間との争いから彼らを守り、やがてオセロットがトリニダードの景観保全計画の推進役として使えるようになることを目指しています。

READ MORE +

MEET THE OTHER SCIENTISTS

宿泊施設と食事

Accommodations and Food