海洋保全

種子島のアカウミガメ保全

種子島はアカウミガメが産卵に訪れる場所の一つですが、これまで個体識別調査はほとんど行われていませんでした。 昨年に続き、種子島の浜辺で調査を行うことにより、本種の保全と生態を明らかにしていくお手伝いをしてください。
Supported by: 三菱重工業株式会社


種子島のアカウミガメ保全
Loggerhead Sea Turtle of Tanegashima Island

本研究で対象とするアカウミガメは、世界中の温帯・亜熱帯域に生息する海棲爬虫類で、国際自然保護連合版レッドリストでは、絶滅危惧II類に位置づけられ、世界的に絶滅が危惧されています。本種を適切に保全するためには、その生態を様々な側面から解明し、脅威となっている要因を探り出すことが重要となります。これに関連して、今、特に注目すべきポイントの一つが、成熟したメスの生残率と産卵地の変更です。

国内の主要なアカウミガメの産卵地では、長年にわたり、研究者や保護団体によって、産卵個体に標識を装着して個体識別する調査が継続されてきました。その結果、数年後に同じ砂浜を訪れて産卵するものは、全体の約3割に過ぎないことや、その一方で、他の産卵地で見つかる例はほとんどないことが明らかになってきました。このことは、産卵後のメスの生残率が著しく低いか、そうでなければ、数年後に再び繁殖するときに、既に標識が脱落してしまっているか、前回とは別の、個体識別調査が行われていない砂浜に産卵地を変更してしまっているかということを意味します。いずれにしても、従来の定説を大きく覆すことになるうえ、本種の保全と生態を考える上で、重要な知見となります。

そこで、本研究では、種子島において、産卵地を夜間踏査し、産卵個体を対象に通常タイプの標識と体内埋め込み型の標識を用いた個体識別調査を実施することで、通常タイプの標識の脱落率、他の産卵地で標識を装着された個体の移入率、および種子島で産卵したメスの回帰率について明らかにします。種子島は、国内で二番目に本種の産卵が多いことが知られているものの、2015年に私たちがこのプログラムを始めるまで、産卵メスの個体識別調査はほとんど行われていませんでした。はたして、他の産卵地で標識を付けられたメスが、種子島で見つかるのでしょうか?

また、種子島で生まれる子ガメの形態的特徴、特に鱗板の配列について精査していきます。最近、この鱗板配列の変異が卵の時に経験する環境に影響されることや、鱗板配列の変異がその他の部位の奇形や死亡率と関連している可能性が指摘され、にわかに注目されるようになってきました。そこで、この変異の出現率を、本種北太平洋個体群の様々な成長段階や他の産卵地での結果と比較していくことで、この仮説を検証し、産卵地環境の健全性の指標にしていくことを見据え、種子島でも基礎的知見の収集を行っていきます。

概要

参加費

チーム1〜4
20,000円
チーム5, 6
15,000円
(宿泊費・夕食2回・昼食2回、調査のための島内移動費を含む。交通費は別途自己負担)

募集人数

最少6人
最大12人
(定員になり次第締切)

調査地域

鹿児島県熊毛郡中種子町・南種子町・西之表市

現地調査日

2017年
チーム1:
6月23日(金)-25日(日)
チーム2:
6月25日(日) - 27日(火)
チーム3:
6月30日(金) - 7月2日(日)
チーム4:
7月2日(日) - 4日(火)
チーム5:
8月5日(土) - 7日(月)
チーム6:
8月7日(月) - 9日(水)
各[2泊3日]

宿泊施設

チーム1〜4
ホテルサンダルウッド
鹿児島県熊毛郡南種子町中之上525

チーム5,6
はえの民宿
鹿児島県西之表市安納3782

ボランティアの役割

ボランティアは、チームごとに研究員やサポートスタッフと一緒に砂浜を歩き、闇の中で足跡を頼りにウミガメを探します。ウミガメは光に敏感です。ウミガメを見つけたら、行動を阻害しないように注意しながら、慎重に接近し、四肢に標識や体内埋め込み型の標識を確認します。標識がない場合には、新たに標識を装着します。また、専用のノギスを用いて、背甲の長さと幅を計測します。暗闇の中で行われるこの一連の作業の中において、記録をつけたり、調査器具の準備をしたりします。また、野外調査終了後に研究拠点となる宿泊施設でデータのコンピュータへの入力整理などを必要に応じて行います。

また、子ガメの調査では、脱出を控えた産卵巣を探し、その場で待機、子ガメが地表に脱出次第、捕獲して体重と甲長を計測し写真を撮影します。一部始終を記録して、速やかに放流します。

主なスケジュール
(集合・解散時刻については調査プログラム解説書を参照ください)


【1日目】
お昼前後(チームにより時刻は変動) 種子島空港集合
午後   調査地の下見・レクチャー・夕食
夜〜深夜 班に分かれて夜間の浜辺で調査
03:00頃 宿に到着・就寝

【2日目】
11:00 昼食
13:00 前日の調査地を視察
15:00 種子島宇宙センター・宇宙科学技術館見学(チーム2&4では、3日目に実施予定)
18:30 夕食・レクチャー・地元の活動紹介
夜〜深夜 班に分かれて夜間の浜辺で調査
03:00 宿に到着・就寝

【3日目】
午前中 チェックアウト後調査のまとめ・Q&A
お昼前後(チームによりスケジュールは変動) 種子島空港にて解散

宿泊は男女に分かれての相部屋になりますことをご了承ください。

研究者・協働する方々の紹介

松沢 慶将先生(まつざわ よしまさ)
特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会会長
国際ウミガメ学会会長

ABOUT

専門は海洋生物環境学で、特にウミガメ類の繁殖生態について研究。
ウミガメ類を取り巻く自然環境の保全にも取り組む。

石原 孝先生(いしはら たかし)
神戸市立須磨海浜水族園研究員
NPO法人Turtle Crew理事、日本ウミガメ協議会理事

ABOUT

専専門は海洋生態学。特にアカウミガメが成熟していく過程を研究している。また、事故死するウミガメを減らすための研究にも取り組む。

水野 康次郎先生(みずの こうじろう)
奄美.asia 代表
奄美海洋生物研究会 副代表
NPO法人 Turtle Crew 理事、日本ウミガメ協議会監事

ABOUT

専門は文化人類学で、現在では奄美群島を中心に、人とウミガメや海洋動物などの繋がりを研究している。元日本ウミガメ協議会事務局長。

久米 満晴さん(くめ みつはる)
NPO法人 Turtle Crew 理事長

ABOUT

種子島にて漁師と写真家をしながら、混獲されるウミガメや海洋生物を調査。また海洋体験型の環境教育も実施。

増山 涼子さん(ますやま りょうこ)
NPO法人 Turtle Crew 理事
西之表市ウミガメ保護監視員

ABOUT

元水族館職員。現在では西之表市のウミガメ調査員として活動。

注意事項

  • 当日の現地までの交通手段と現地到着時間は、調査開始10日前までに事務局にお知らせください。
  • 調査開始10日前で募集最少人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承ください。
  • 申し込みされた方には中止が決定され次第、ご案内いたします。
  • アースウォッチの国内調査プログラムはボランティア傷害保険に加入しています。
  • アースウォッチの調査プログラムはカーボンオフセットを行っています。