寄付をする


難波菊次郎基金 (次世代を担う若者のボランティア調査活動への寄付)

アースウォッチ・ジャパン創設者 故難波菊次郎の設立メッセージ


    難波 菊次郎

子供の頃、山や森、田んぼや小川で遊んでいると、突然カエルたちの挨拶にびっくりなんてこと、ありましたよね。でも、最近、めっきりカエルと出会う機会が少なくなったと思いませんか?

いったい、カエルたちはどこへ行ってしまったのでしょうか?
カエルは、水の中から陸までという幅のある変化に富んだ環境を生活域として生息しています。ですから、元来、カエルは環境の変化に強い生物なのです。約3億年前に地球上に現われ、約5千万年前あの恐竜が絶滅したと言われる地球環境の大激変をもラクラクとくぐり抜け、今日まで生き続けてきました。

そのカエルたちが、いつからか、静かに私たちの前から姿を消し始めているのです。このことは、あれほどの環境の大激変にも種を絶やすことなく生きのびてきたカエルたちすら生存が困難になるほど、地球の脆弱な生命圏が悪化しつつあること、さらに、地球という惑星がそこに生息する多くの生命を維持する能力をどんどん失いつつあるという事実を示しています。それは、カエルたちが身をもって示してくれている私たち人類への警鐘なのかもしれません。いま、私たちはようやく気づき始めました。地球環境のこれ以上の劣化を防ぐには、私たちが環境に対してより正確な知識を持ち、その意識を高め、社会生活や日常生活の中で具体的な環境保全の行動を実践していくことが必要です。

社会の価値観は、「モノ」から「ココロ」へと移りつつあります。カエルたちが私たちに与えてくれた示唆、それは、地球上の全ての人々がいまこそ、国や社会、宗教や個人を超えたアーシアン(Earthian=地球人)として広い視野を持って考え、行動することだと、アースウォッチは考えます。


アースウォッチは僅かなお金と、時間と体力とやる気があれば誰にでも参加でき、世界の各地で世界的な研究者をリーダに、広大な自然を舞台に繰り広げられるフィールドワークを手伝います。
未知なる冒険、ボランティア仲間との共同作業と生活など、わくわくするような非日常的な体験を通じて数多くのことを知り、学び、そして楽しみます。

その研究調査の成果が外部にきちんとレポートされ自分の努力が貴重な研究の一端を担っていることを知ります。そしてフィールドでの経験が自分の日常生活や環境問題について少しでも考え直す契機となります。
この素晴らしい活動を日本を中心にアジアに広め、地球の諸問題やその潜在力についての学習に参加し貢献出来る新しい機会をもたらすことを目的としてアースウォッチ・ジャパン (Earthwatch Japan) が発足しました。

難波菊次郎基金への寄付を募集しています

アースウォッチ・ジャパンでは、難波菊次郎基金へのご寄付を募集しています。次世代を担う若者に、地球上の変化を体験するチャンスを提供するという趣旨に賛同していただける方々からのご寄付によるご協力をお待ちしております。

銀行名: 三菱東京銀行 市ヶ谷支店 普通預金
口座番号: 0045836
口座名: 特定非営利活動法人アースウォッチ・ジャパン 難波菊次郎基金

なお、基金を通して参加したボランティアの体験報告書をお送りしますので、ご寄付を下さった方は別途、メールまたは郵便で住所、氏名をお知らせください。(ご送付は寄付をいただいてから1年以内に参加した者の報告書に限らせていただきます。)

支援内容はこちらをご覧ください。