海外トピックス

海外トピックス


海外の調査プログラム内容を映像とともにご紹介します

リンク先の情報は英語です。一部、日本語参考訳あり。



夜間の監視作業 The Night Watch

コスタリカのプラヤ・グランデではオサガメの卵の密猟が20年以上も続き、種の存続を脅かしてきました。現在、アースウォッチ研究者とボランティアは地元の地域社会と協力してオサガメの未来を守るために活動しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

日本語参考訳(pdf)は、こちらをご覧ください。


バイソンを復活させる Bringing Back the Bison

かつて北米全域を自由に歩き回っていた数千万頭もの野生のバイソンは、絶滅寸前まで狩り尽くされてしまいました。現在、アースウォッチはアメリカ先住民であるブラックフット族と協力し、このアメリカの象徴とも言える動物種を自然に戻す予備調査に協力しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

日本語参考訳(pdf)は、こちらをご覧ください。


ストレス、飢餓、生存 Stress, Starvation, and Survival

気候変動に関わる事象が原因で世界中のサンゴ礁が死滅しています。どうしたら“海の雨林”と呼ばれるサンゴ礁の未来を確実に守れるのでしょう?


殺し屋の魅力 A Killer's Charm

何世代にもわたって、海の捕食者の物語は人々の心に恐怖と陶酔を引き起こしてきました。アースウォッチのアイスランド海域のシャチの個体群調査が極めて重要な理由を見つけてください。


アースウォッチ調査で行う環境保護(参加者のブログ記事) Hiking, Song Birds, and Finding a Path to Environmentalism

「ワイオミングの大自然の中で鳥の声で目覚め、キャビンの外にはシカがいて、ハイキングをすればクマを見つけ、夜になれば頭上に天の川が広がる。毎日が感動と笑顔に満ち、自然の素晴らしさと多くの脅威を肌で感じて理解した2週間の体験が、当時15歳だった自分の学業、仕事、そして人生をも変えるきっかけになりました」By Judith Santano, Ignite Fellow 2013 and Earthwatch Educator Program Intern


ツルの鳴き声 The Call of the Crane

アメリカシロヅル回復の道筋には数多くの難関が待ち構えています。テキサス州で、野生のアメリカシロヅルの渡りをする最後の個体群と彼らの生息地を保全するため、アースウォッチボランティアは研究者と共に数年に及ぶ継続調査を行っています。