1073

Ocean Health

ベリーズのサメ

サメの個体群を健全に保つにはどうすればよいのでしょう?世界で最も美しいサンゴ礁を探査し、その答えを見つけてください。


The facts

調査の重要性

Why the research is important

Because sharks breed more slowly—more like mammals—than other fish, their populations have a slim chance of recovering from major losses.

かつてベリーズのバリアリーフ(堡礁)はサメにとっての安息地でした。もう一度その場所を取り戻すお手伝いをしてください。

サメとその生息地を保護するためにはサメがどこでどう生活しているのかを知らなければなりません。この種の調査としては初めてとなります。サメが海洋保護区で元気に生活している事は知っていても、激減したサメが以前の状態まで復活するのに、この新しい環境下でいったいどれくらいの時間が必要なのか見当がつきません。それを明らかにする事がこの調査の目的の一つです。また、ベリーズの海洋保護区でサメがどのように生育しているかを調べるために、サメにトランスミッターを埋め込んで追跡調査ができるようにします。これにより、研究者はサメが保護区の域外よりも域内でより多くの時間を過ごしていることがわかれば、海洋保護区の意義を見いだせるのです。

2015年の調査に参加すれば、ベリーズ政府が地元のサメ漁を監視するお手伝いをする事になります。ベリーズの水産省は漁師が捕獲した全てのサメのひれのサンプルを提供する事を義務づけており、研究チームはサンプルを分析して種を特定します。どんな種がどれ位捕獲されたかを正確に記録して、政府がサメの数量を保護管理するためのデータを提供します。

Help determine exactly how and why marine reserves strengthen shark populations.

A Caribbean reef shark.

この調査に参加することは、現状と今後への影響を与える機会に立ち会うことになります。政策に影響を与え、今現在、海洋を泳いでいるサメに直接変化をもたらすのです。さらに、まだ良く知られていない、サメが生態系で果たす重要な役割を解明するという長期プロジェクトを支援する事にもつながります。

調査地

South Water Caye or Glover’s Reef, Belize, Central America & The Caribbean

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Demian
Chapman
Assistant Professor, School of Marine and Atmospheric Science, Stony Brook University

ABOUT Demian Chapman

なぜサメを調査するのでしょう?チャップマン博士はニュージーランドにいた子供の頃からサメに強い愛情を感じていました。そして、現在、サメは以前より保護を必要としています。博士がポピュラー・サイエンス誌で述べたように、サメを保護するには、彼らを漁の対象にしている各国がサメの保護に適した法律を持つ必要があります。「フカヒレ取引の問題は、あまりにも多くの国々が関わっているということです。やりたいと思えば誰でもできてしまう。まるで西部劇です」と博士は語っています。

READ MORE +

MEET THE OTHER SCIENTISTS

宿泊施設と食事

Accommodations and Food