3127

Wildlife & Ecosystems

ケニアのライオンー捕食者と獲物の関係

独創的な家畜の管理は、ライオンやその他の肉食動物とその餌となる動物との調和をケニアのサバンナにもたらすことができるのでしょうか?


The facts

調査の重要性

Why the research is important

Unlike many conservation efforts, this project is seeking a solution that embraces, rather than excludes, livestock production.

畜牛やシマウマ、より脆弱な個体群を作る他の草食動物種は、サバンナに樹木と草が混在する状態を維持するのに役立っています。

大型草食動物は樹木と草の両方の生育を促すことで、サバンナの生態系を維持しています。過去の観察結果は、シマウマは畜牛が草を食べた後の場所を好むことを示しています。しかし、畜牛は本当にシマウマを惹きつけることができるのでしょうか?ボランティアが集める草食動物の生息密度に関するデータはこの疑問に答える助けになるでしょう。

また、すでに研究者たちはシマウマがライオンの主な食糧であることも知っています。そこで、次の疑問は、「シマウマを食べるライオンや他の肉食動物は、この縞を持つ有蹄類が最も多く集まっている場所で狩りをするのか?それとも餌となる動物の種に関わらず、捕まえ易い場所で狩りをするのか?」になります。もし答えが前者であれば、ライオンは草が多い畜牛の放牧地へとシマウマを追いかけて行くことになると、研究者は危惧しています。

lions resting during the day in ol pejeta

Lions at rest in Ol Pejeta

シマウマはウシを追い、肉食動物はシマウマを追いかけるという、最初の2つの仮説が正しいと判明しても、まだ「シマウマを惹きつけるために畜牛を移動させるという戦略は稀少な草食動物が生き残るのに役立つのか?」という1つの大きな疑問が残ります。生息数が減少している種は群れが小型化しやすく、シマウマより定住性が高いので、同じ地域にいる場合はシマウマより容易に捕獲されてしまうため、この戦略が役立つ可能性はあります。

You can provide the observational power to discover how this experiment will actually unfold. Help be part of a strategy that could strengthen predators, prey, and the people of Kenya who depend on tourism and livestock.

調査地

Ol Pejeta Conservancy, Kenya, Africa

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Jacob
Goheen
Professor, University of Wyoming

ABOUT Jacob Goheen

なぜこの家畜管理プロジェクトを?「大半の国立公園が狭すぎるために大型野生動物、特に捕食動物が存続可能な個体群を維持できていないという認識が高まっています。多くの場合、人間と家畜を締め出した広大な野生保護地域を確保するのは現実的ではありません。野生動物の保護と人間の経済活動を両立させる道を探す必要があるのです」 ボランティアはこの実験を実際に展開する方法を発見する観察力を得ることができます。肉食動物と餌となる動物、観光と牧畜で生計を立てているケニア人の助けとなるこの調査に参加してください。

READ MORE +

宿泊施設と食事

Accommodations and Food