3180

Archaeology & Culture

ポルトガルの中石器から新石器時代への変遷を探る発掘調査

古代ポルトガル社会は、いつ農業へ転換したのか?狩猟採集民と農民が短期間共存していた可能性もあります。この変遷の謎の発掘に協力してください。


The facts

調査の重要性

Why the research is important

In the past seven years, scientists have discovered critical clues in analyzing the shift from hunting and gathering to farming and herding.

研究者は、石器時代の人間が個人的に文化と身体の両面でどう変わったのか、この時期に道具や技術がどう変わったのか、また埋葬方法や宗教儀式、土地利用は中石器人と新石器人の間でどのように違っていたのか、を解明しようとしています。

すでに研究者は当プロジェクトの調査地で数人分の遺骨を発見しました。その結果、中石器から新石器時代への変遷時における遺伝的連続性の洞察という需要な成果が得られ、過去の人類の食習慣や移動に関する理解を深めることが可能になりました。

Excavation

Researchers seek to understand how individuals changed between the Mesolithic and Neolithic populations.

ボランティアは中石器から新石器時代にかけての人々の変遷の手がかりを探しながら、ポルトガルの国定記念物に数えられる中石器時代のムージェ貝塚の保全にも貢献します。本プロジェクトの成果は、考古学者が初期の完新世(現在の人類の時代)の文化と環境の歴史を再構築する助けとなり、私たちが現在の文明社会への理解を深めるのにも役立ちます。

調査地

Muge, Salvaterra de Magos, Santarém, Portugal, Portugal, Europe & Russia

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Nuno
Bicho
Professor/Director of Interdisciplinary Center for Archaeology and Evolution of Human Behaviour, Universidade do Algarve

ABOUT Nuno Bicho

ヌノ・ビショ博士は、ポルトガルのアルガルヴェ大学にある考古学・人類行動進化学総合センターの所長です。博士は、天然資源と野生動物への依存から、農耕牧畜による食料生産への移行を研究しており、市民参加の科学が考古学の基本であると信じています。

READ MORE +

宿泊施設と食事

Accommodations and Food

ページの先頭に戻る