3156

Wildlife & Ecosystems

南アフリカの絶滅危惧種であるサイの保護

犀角(サイの角)が高値で取引されることで密猟が横行した結果、サイの個体群は絶滅の危機に瀕しています。しかしサイが永遠に消滅してしまったら、どうなるのでしょう?


The facts

調査の重要性

調査の重要性

South Africa contains 74 percent of the world’s remaining rhino population.

もし密猟が現在のスピードで続けば、サイは今後10~20年の間に絶滅すると見積もられています。

過去6年間で、南アフリカでは2,650頭のサイが殺されました。この殺戮の半数近くは2014年のたった1年の間に起きました。毎日平均3頭が殺されたのです。密猟の脅威からサイを守るために使われた戦略の一つが、サイの非常に価値ある角を取り除く方法でした。しかし、除角がサイの行動や肉食動物から自分自身や若い個体を防御する能力、また他の種との相互関係にどのような影響をもたらすのかは判っていません。夜間パトロールといった、密猟を減らすための他の土地管理戦略も実施されましたが、どの程度の効果があったのかは不明です。

犀角の価値に関する記述は多いにもかかわらず、環境面から見たサイの価値については、ほとんど判っていません。サイのような動物は自分が生息している生態系にどのような影響を与えているのでしょう?

Researchers are studying the effects of de-horning rhinos on their behavior

Researchers are studying the effects of de-horning rhinos on their behavior.

これはサイの生態系サービスとサイの行動の管理がもたらす影響について着目した南アフリカで最初の調査になり、ここで得られた情報はサイの保護を推進するのに役立つでしょう。調査結果はサイが自分の生息環境の中でどのように生物多様性を支えているのかを明らかにし、サイの所有者や公園管理者に伝えられて、密猟のリスクを減らすことに役立ちます。

調査地

Northwest Province, South Africa, Africa

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Dawn
Scott
Principal Lecturer in Ecology, University of Brighton

ABOUT Dawn Scott

ドーン・スコット博士は哺乳類の肉食動物と餌動物の生態の専門家です。博士は10年以上の調査経験があり、哺乳類の生態学、生物多様性、そして行動学の専門家です。

READ MORE +

MEET THE OTHER SCIENTISTS

宿泊施設と食事

Accommodations and Food