1075

Wildlife & Ecosystems

マジェテ野生動物保護区におけるマラウィの動物たち

マラウィの重要な野生動物保護プロジェクトの調査結果の評価で重要な役割を果たしてください。


The facts

調査の重要性

Why the research is important

With your help, Earthwatch and its partners will make Majete a model for how a reserve can successfully reintroduce and conserve wildlife while also supporting a healthy and growing local economy.

森林は地球上の生物にとって不可欠な存在です。ボランティアは現状のデータ収集をすることで森林の将来を守る手助けができます。

アフリカの野生動物は無事に本来の生息地に戻ることができるのでしょうか?ボランティアの調査はこの問いに答える助けになります。

自然環境の回復は重要な目標ですが、これまで保護区で調査が実施されたことはほとんどありません。過去に行われた調査の大半は地域社会周辺の社会学的問題に焦点を絞っていました。その結果、動物種の再導入の影響については何も分かっていないのです。このプロジェクトに参加することは動物種が環境に適応する際に必要な適切な管理方法を理解する重要な一歩になります。ボランティアの活動には以下のような作業があります。

• 再導入された捕食動物(ライオンとヒョウ)の状態と、彼らの餌となる動物種に与える影響のモニタリング。
• 大型草食動物(ソウ、スイギュウ、サイ)が生息環境に与える影響の測定。
• ブチハイエナの個体数変動と分布の調査。
• 死亡率に対する出生・生存率という観点から見て、再導入されたクロサイの個体数が適正かどうかの調査。

Animals of the Majete Wildlife Reserve, Malawi

ボランティアは動物の行動を理解するのに不可欠な情報の収集作業で重要な役割を果たします。

ボランティアの協力を得て、アースウォッチはマジェテを野生動物の再導入と保護に成功したモデル保護区にするだけでなく、健全に成長する地域経済を支援する面でも重要な役割を果たします。

調査地

Majete Wildlife Reserve, Malawi, Africa

フィールドの日課

Itinerary

This is a summary:

研究者

MEET THE LEAD SCIENTIST

Alison
Leslie
Senior Lecturer, Department of Conservation Ecology and Entomology, Stellenbosch University

ABOUT Alison Leslie

「マラウィの野生動物の何に心を惹かれたのですか?」という質問にレスリー博士は次のように答えています。「マジェテ保護区は本当に美しくて、今だって向こうにいられたら良いのにと考えています。マジェテはアフリカの言葉で細身という意味ですが、実は70,000エーカーの広さで、膨大な多様性を持つ植物相を作り上げています。そこは様々な地域社会に属す約140,000の人々に囲まれた、生物多様性の島でもあります。電気柵の外側には、この土地本来の景観はほとんど残っていません。かつて生息していた動物たちをこの地域に戻せば、過去に実在していた生態系バランスが回復する筈です。この観点から見て、私たちがこの調査を実施することは本当に重要な意味があるのです」。

READ MORE +

宿泊施設と食事

Accommodations and Food