生態系サービス

被災した地域のいきもの調査(チョウ調査)

東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト
Supported by:BNPパリバグループ、松下幸之助記念財団、三井住友銀行、花王株式会社


東日本グリーン復興モニタリングプロジェクト
被災した地域のいきもの調査(チョウ調査)
Post Tsunami Monitoring Project

2011年3月11日に発生した地震と津波により、東北地方は甚大な被害を受けました。
東北の被災地の多くは、海の恵みや田んぼの営みなど、生態系の恵み(生態系サービス)を最大限に利用する生活をしてきた地域です。 今、できるだけ早い復興は共通した願いですが、環境への影響評価を行うことなく、早急に山や森を削り、川や海、そして田んぼの生物多様性や生態系への配慮のない造成は、生態系サービスを低下させて、被災地以外にも多くの二次的な災害を生み出しかねません。 私たちは、この地の農林水産業が享受すべき将来の生態系からの恵みを見据え、海や田んぼの生態系の豊かさや生物多様性を育む「グリーン復興」を行うことで、農林水産業と共に生きてきた地域が、より着実に力強く復興すると信じています。 今回のプロジェクトでは、島嶼のチョウのモニタリング調査を行います。この調査は、10年間という長いスパンでの大学・NPO・企業・市民の協働調査とします。身近な自然を調べることにより、自然との共生に対する意識や市民の環境リテラシーを促進させ、それが持続可能な地域復興へとつながることを目指します。多くの方のご参加をお待ちしています。

概要

研究分担金

16,000円
(宿泊費・滞在費含む。交通費は別途自己負担)

募集人数

最少8人
最大15人
(定員になり次第締め切り)

調査地域

桂島・寒風沢島

現地調査日

2017年 チーム1のみ:8月12日(土)~8月14日(月) [2泊3日]

ボランティアの役割

今回は地震・津波により植生がどのように変化し、チョウの多様性の変化にどのような影響を与えたのかをモニタリングします。また、気候変動や環境変化によるチョウの分布変化の基礎資料とします。
島内に設置した調査プロットで観察されたチョウの種類と数を調査します。
ボランティアはチョウの成虫を捕獲し、種類と数を記録します。
※調査の方法については事前にガイダンスを行います。また、研究者はみなさまが生きものを見分け、記録するお手伝いをしますので、チョウに関する特別な知識や技能はいりません。どなたでもご気軽にご参加ください。

研究者の紹介

占部 城太郎先生(うらべ じょうたろう)
東北大学 大学院 生命科学研究科 教授

ABOUT

湖沼・河川生態系を中心とする生物群集の構造機構と物質循環に関する研究に従事。専門は、群集生態学

河田 雅圭先生(かわた まさかど)
東北大学 大学院 生命科学研究科 教授

ABOUT

環境変化に応じた進化的反応に関する研究に従事。 専門は進化生物学。

横山 潤先生(よこやま じゅん)
山形大学 理学部生物学科 教授

ABOUT

外来ハナバチ類による在来生態系への影響と対策に関する研究に従事。 専門は昆虫学。

注意事項

  • 当日の現地までの交通手段と現地到着時間は、プロジェクト開始10日前までに事務局にお知らせください。
  • プロジェクト開始10日前で募集最少人数に満たない場合は、開催を中止することがありますので、ご了承ください。
  • 申し込みされた方には中止が決定され次第、ご案内いたします。
  • アースウォッチの国内プロジェクトはボランティア傷害保険に加入しています。
  • アースウォッチのプロジェクトはカーボンオフセットを行っています。