研究支援プログラムについて


研究支援プログラムについて

日本各地で環境保全研究に取り組む研究者の皆様へ


環境ボランティアによる野外調査の支援

アースウォッチ・ジャパンは1993年にEarthwatch Instituteの日本支部として発足しました。1995年から海外だけでなく日本国内の研究者との野外調査プログラムも開始し、2009年までに毎年10件程度の野外調査に市民を環境ボランティアとして送り出し、調査の手伝いをすることで人的支援をしてきました。アースウォッチでは、こうしたボランティアプログラムを「野外調査プログラム」と呼んでいますが、これまでに50を超える日本国内での野外調査プログラムを運営し、1500人余りの環境ボランティアが参加しています。重要度を増す環境保全分野の研究をより広く支援するため、2006年より日本国内での研究を公募しています。


アースウォッチが皆様の研究で果たす役割

意欲あふれる市民の参加を推進しています。

アースウォッチ・ジャパンは、過去10年以上に渡り、市民を環境ボランティアとして、国内の調査フィールドへ送り出しています。フィールドワークに市民ボランティアが直接参加して支える仕組みは、アースウォッチの活動の大きな特色です。


長期に渡る研究を重視しています。

生物多様性保全をはじめ、環境分野の研究の多くが数年以上に渡るデータ収集を必要とすることから、アースウォッチは長期に渡る研究の支援を重視しています。 たとえば 清里のヤマネプロジェクトは1995年から、富士山麓の絶滅危惧チョウ類プロジェクトは2003年から継続してその調査活動を支援しています。


情報発信にもご協力しています。

アースウォッチ・ジャパンでは、一般の方へ向けたイベントや研究者講演会の実施、メールマガジンの発行を実施しています。環境保全について関心の高いコミュニティへ向けて研究の成果を情報発信することで、より広く一般の方に対し、支援する研究者の調査や環境保全へ向けた取り組みを知っていただく機会をご提供しています。


市民に開かれた「オープンリサーチ」を共同で作っています。

アースウォッチ・ジャパンの野外調査は、それ自体が市民参加型環境保全研究のショーケースです。アースウォッチは、ボランティアを募集・登録し、調査地へ送り出すしくみを整えています。各プログラムにおいて、事前説明資料なども研究者の皆様と共同で作成しています。これにより、環境保全へ向けた研究に、一般市民が直接参画する「オープンリサーチ」を共同で作っています。第一線で活躍する研究者の考えを直接学ぶ場として、市民にとっても非常に貴重な機会となります。